おいしく召しあがるには

 ~ハンバーグ物語~

(料理評論家Y氏談)

 

名古屋は新栄の広小路葵という大きな交差点から少し入った所に

その店は佇んでいた。

外の「肉」という文字にふらっと魅かれメニューを覗く。

国産黒毛和牛100%ハンバーグ専門店とある、

価格も980~と 入りやすい価格帯。

突然横からふわっと肉の焼ける香りが・・・

もちろん扉を開けるのであった。

 

扉を空けると、若い子が元気よく「いらっしゃいませ」の声

なんとも明るく気持ちが良い。

店の中はすでに肉の香りで充満している。

 

早速オーダー

まずは初来店なのでスタンダード160gのハンバーグと

セットを注文。

お店の方から、

デミグラスソース、オニオンソース、トマトソース、和風ソース

の4種類からお選びいただけますと。

なるほど、それで聞いてみる。

 

オススメはと

 

店員さん、

全て自家製なので全ておすすめなのですが

初めてのご来店であれば、

まずはデミグラスかオニオンはいかがですか?

 

それでデミグラスとしてみる。

スープはコーンポタージュかオニオンスープが選べ

オニオンスープとする。

 

しばらくすると、褐色のオニオンスープが運ばれてくる。

ふわっとコンソメの香りの中に香ばしく包む甘い香り。

 

正直セットのスープには期待していなかったが、これは期待できる。

早速口に運んでみる。

しっかり濃い味のコンソメ

ピリッと荒引きのブラックペッパー 

それに予想通りの炒め封じ込められたオニオンの甘みと風味が口の中を潤し

のどをゴクリと抜けていく。

次のスプーンが飲み込む前にカップに 向かう味だ。

正直な味でお腹が喜ぶ

(お隣のテーブルのコーンポタージュも見た目で期待できそうだった)

 

待ち遠しい。

 

そして真打登場

ジューワッと音をたててやってくる香りの煙に包まれながら

向かってくる鉄板は見事でうっとりする。

付け合わせはポテト、インゲン、レンコン、ブロッコリー、それにパスタ

お肉の表面は適度に焦げ目がありよろしい。

少し強めに焼かれたハンバーグも

中々お目にかかれないもの。

スチームしたふっくらも良いが、

やはりガリッと表面を焼かれた肉というのは

これまた良いのであります。

 

店員さんがハンバーグをカットしてくれるというのでお願いしてみた。

こんがりと焼かれた表面サクッとナイフを入れると想像を超える柔らかさ

鉄板にジューワッと 肉汁があふれる。

香りの煙と共に。

それより目を引くのが赤く潤いの旨味脂をまとった輝くレアなお肉

さっと半分にカットされたお肉を立てていく。

なるほど焼けていく。

 

ジューワッという音が落ち着きましたら食べごろですと説明を受ける。

あとはお好みの焼き加減でと。

ソースは別でカップに注がれた別置き型。

ソースをかけようとすると、

 

よろしければテーブルの岩塩で

まずはお試しくださいと。

 

なるほどだからソースが別なのだ。

早速ガリガリと岩塩を削りかけ口に運ぶ

口に入れた瞬間肉の焼けた表面の香ばしさが広がる

岩塩がさっと口の中を包みその後に甘みが広がる

その一瞬の出来事の後ギュッとかみしめると

ふわっとトロッととろける食感と焼き〆られたお肉が

ギュッギュッと噛みしめられ旨味を更に出し

口一杯に一気に なんとも甘い旨味が広がる。

 

ゴックリ。

 

店員さんの顔を見るとにっこり笑顔。

勢いで、半分を岩塩であっという間に胃の中へ収めてしまう。

 

残り半分にデミグラスをかけ、余ったソースを野菜にかけて食す。

深く甘めのソースとしているが、なんともお肉の味が強く負けない。

ご飯をここでかき込み口一杯にひろがる幸せをかみしめる。

 

ここでポテトを食す。ガリガリに揚げられたポテト。

皮のバリバリ感がポテトチップスを想像させ香ばしく

中のしっとりもってりポテトの独特の味わいがやってくる。

良き付け合わせ。

 

リセットされたお口に残すは、鉄板の上に残った黒毛和牛の旨味脂と

野菜たちの旨味がにじみ出た少し煮詰められたデミグラスと、

ほんのちょっとのこびりついた肉片(笑)

そいつらをフォークとパスタで絡みとる。

 

これまたなんとも良い。

残ったご飯のお伴として 最後にかき込む。

 

正直、ブランド牛やA5と言われているハンバーグなんて・・・

と思っていたが、ノックアウトされました。

表面上のプライド感などという見せかけの雰囲気をだしていない

気軽な接客がなお良く

お子様連れやお一人様、作業着で普段使いしてくれればいいと笑顔。

こちらは真剣に作ってお待ちしておりますので

と言いきる顔が何とも晴れやかだ。 

気軽にお腹いっぱいの幸せをくれる御馳走店。

ページ先頭へ